一目で分かる!家族を迎えるゲートのある家

東京都・施工事例 R+house 国分寺・三鷹

DATA

point of the plan

無垢の木を使ったゲートでオンリーワンの外観に。奥に設けた庭は、ゲートのおかげで、外からの視線を気にせず遊べるようになっている。 奥様が憧れていた広い土間と、ご主人の書斎も設け、夫婦の希望がかなった世界に一つの家が完成した。

インダストリアルスタイル×ナチュラルモダン

リビングは白壁を基調に、グレイッシュカラーのアクセントクロスを使うことで、落ち着いた印象に。

アカシアの床は温かみがあり、相性も良い。

LDKと庭をつなげることで、窓の外に視線が行き、広がりを感じられる。

ウッドデッキを設け、外と内の境界が曖昧になるようにしている。


吹抜けと階段で、家の中に光だまりを

広いシューズクローゼットを備えた玄関土間は、奥様が以前から憧れていたもの。

階段をスケルトンにすると、吹抜けからの光を下に落とせるので、建物全体に広がりが生まれる。

Scroll Up