blog

住宅ローンは、無理のないご返済計画が大切です

こんにちは。

福山市でお客様の“心に残る”家づくりを手がけていますレックハウスです。

今の風潮は、家を購入するために頭金を貯めるより、頭金は少ないもしくはゼロでも、家を購入することが推奨されています。これは、頭金を貯めている間も、家賃が発生しているためで、この期間を住宅ローンの返済に充てたほうが、長い目でみるとお得になるからです。

そして住宅ローンを組む時にも注意が必要で、「借入可能額」と、「無理なく返済できる額」が違う場合があります。例えば、借入可能額が4000万円でも、無理なく返済できるのは3500万円だとすると、住宅ローンは3500万円にとどめておくほうが、後々の生活が豊かになります。

レックハウスでは、こうした住宅ローンに関する情報と合わせて、借りたお金を上手に返済する方法、補助金を利用して、返済年数を減らす方法、老後に住宅ローンがいくら残るのかなど、最初から無理のない返済計画をご提案しています。

家計において、やりくりすることは大切ですが、無理をすると、いつか辛くなってしまいます。そうしたことがないように、最初から購入後のランニングコストを考え、月々の返済額を検討することが大切です。

レックハウスが開催している家づくり勉強会では、第二部に資金相談会を実施しています。

これから家づくりを検討されている方は、ご自身がどのぐらいまでなら、無理なくローンが組めるのか、家づくり勉強会に参加して、ぜひ知っておいてくださいね。

関連記事一覧

検索