blog
  • HOME
  • ブログ
  • ブログ
  • レックハウスが目指す低燃費住宅とは~窓・サッシについて~ | 福山市・注文住宅・新築

レックハウスが目指す低燃費住宅とは~窓・サッシについて~ | 福山市・注文住宅・新築

こんにちは。

福山市でお客様の“心に残る”家づくりを手がけていますレックハウスです。

快適なお家の基準は人それぞれですが、「冬は暖かく、夏は涼しいお家」は誰しもが快適だと感じるのではないでしょうか。
冬は暖かく夏は涼しいお家は、壁の中に入っている断熱材も重要ですが、それと同じぐらい断熱性能を高めている部分が、お家の窓です。

レックハウスでは、Low-Eガラスという日差しやUVカット効果、直射日光を避け、熱を通しづらい(冬の寒い外気も通しづらい)ガラスを標準採用しています。

その他にもオプションで(スーパーウォールの場合は標準装備)サーモスXという、耐久性がさらに強いリクシルの製品などもおすすめです。

ガラスだけではなく、サッシの部分も低燃費へのこだわりが。
耐久性が高い反面、熱を伝えやすいアルミは外側に、熱や音が伝わりにくい樹脂を内側にした複合サッシは、結露が起こりにくいのが特徴。

このように、壁と同じレベルの断熱性能を窓にももたせることで、お家全体にかかる負荷が軽減されます。

最後に皆さんが現在お住まいのお家も、手軽に低燃費住宅にする方法があるのでご紹介します。ホームセンターなどで市販されている日よけシェードは、直接の日差しが窓から室内に入るのを避け、室温を調整するのに役立ちます。

現在は家を傷つけずに後付けできるタイプのものもありますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

日よけシェードを取り付けるだけで、光熱費が下がる場合もありますので、ぜひお試しあれ!

今回は窓・サッシについてお伝えしましたが、今後も低燃費住宅について色々と情報を発信していきたいと思います。お楽しみに。

関連記事一覧

検索